塾で英語を習得しておけばあらゆる試験に強くなれる

勉強道具

学校で学ぶことと資格取得

男女

帝京短期大学では、基礎的な勉強から実践的な勉強、そして同時に資格や免許の取得もしっかりサポートしています。学科によっては、通信教育で学べる選択もあるのでライフスタイルに合わせて検討すると良いでしょう。

More...

多様化する方法

学生

大学入試は時代と共に変化し、多様化してきました。学力試験だけではなく、課外活動や小論文、面接もいまでは重要な判断基準になります。入試直前になって簡単に用意できるものではないので時間のあるときに資格の取得などに挑戦しましょう。

More...

計画的な資金準備を

婦人たち

私立大学の学費は、大学によって大きく異なります。合格発表後、入学金の支払期限まで時間が短いことが多いので注意が必要です。私立大学の場合、成績優秀者への授業料減免や、独自の奨学金制度などがある場合もあります。

More...

大学入試を突破する方法

婦人

私立や国公立などの種類を問わずに、大学受験で志望校に受かるために最も重要なことは、英語の学力を高めることです。特にセンター試験では基本的な内容が数多く出題される一方で、問題量が多いために短時間で最後までやり遂げることが大きな課題です。現役高校生に特化した学習塾でも入試対策を行っているので、学校の授業と並行しながら、受験レベルの英語も効率的に学べるでしょう。上位レベルの大学入試は長文読解のウエイトが大きいのが特徴ですが、中堅レベルの大学の入試に受かるために必要なことは、英熟語などの知識の充実です。偏差値50から55程度の中堅大学向けのコースを学習塾で受講することが、大学入試に必要な内容を短期間で学ぶためのテクニックです。

学習塾の英語の授業は1回当たり90分から120分のケースが多いですが、その内容を理解するには、授業時間と同じ長さの復習時間を確保するべきです。自習室が完備している学習塾であれば、授業が終わった直後に学んだ内容をノートに整理したり、関連する問題演習も行うのが理想的です。レベルの高い難関私立大学や上位の国立大学を受験する場合には、英作文や英文の要約などのテクニックを身に着けることが必要です。思考力や記述力が求められる英語の学力を高めたいときに便利なのは、学習塾のプロ講師によるマンツーマン指導です。予備校での指導経験が豊富な講師から出題傾向別に指導を受けることで、入試直前でも学力アップが実現可能です。